病院長挨拶このページを印刷する - 病院長挨拶

国立病院機構茨城東病院長 齋藤武文
国立病院機構茨城東病院のホームページにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。

新年を迎え、皆様に一言ご挨拶申し上げます。

今年は丑年です。牛は古くから酪農や農業で人間を助けてくれた大切な動物でした。大変な農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、丑年は「我慢(耐える)」、「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっており地域医療も大変な状況ではございますが、今は耐えて感染対策をしっかりと継続して行い、地域医療体制を万全にして参ります。

当院は、これからも地域医療支援病院として、より一層「患者さんの目線に立った懇切丁寧な医療機関」を目指し、基本理念である医療を受ける人の立場に立って人権を尊重し地域に信頼される医療を提供するべく、地域の急性期中核病院としての責務を果たすとともに、教育・研修・研究にも力を入れていきます。

引き続き皆さんの温かいご支援とご助言を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
 
令和3年1月吉日

国立病院機構茨城東病院長 齋藤 武文
 
【病院長挨拶・バックナンバー】

■ 平成31年1月  平成29年4月  ■ 平成29年1月  ■ 平成28年4月  ■ 平成28年1月  ■ 平成27年4月  ■ 平成27年1月  ■ 平成26年7月  ■ 平成26年1月  ■ 平成25年7月  ■ 平成25年4月  ■ 平成25年2月  ■ 平成25年1月